セルロイドのフレームのメガネ

セルロイドフレームのメガネって何?

セルロイドフレームとは何かを知るためにメガネ屋さんで売っているフレームの約90%を占めているアセテートと比べていきます。まず、セルロイドとアセテート材料は違うの?と思う人がいると思いますが、材料はどちらともほぼ同じで綿やパルプを使用しています。 先程も言ったようにフレームの約90%をアセテートが占めています。そこでなぜセルロイド製のメガネが少なくなったのかと言うと一回に大量に作らなければならなく、とても売り切ることができないからです。そしてセルロイドは他のフレームとは違い、高温になってしまうと燃えてしまうところです。しかしセルロイドの発火点は170度くらいと100度より高く、特に日常生活では問題ないと思います。

セルロイドフレームの長所

セルロイドの長所はアセテートと比べ衝撃に強く、僕もメガネをつけているでわかるんですが、使っているうちに曲がってしまったり、歪まないという長所があります。次にアセテートとの見た目の違いは、ツヤが全然違いますテカテカしたようなツヤではなく、上品なツヤが特徴です。アセテートは少量での生産が可能なのでカラフルで様々な種類のメガネがつくれます。

セルロイドとアセテートの作り方の違いは、アセテートは大きな工場で大量生産され、値段が安いことが多いいですが、セルロイドは職人の手で手間をかけて一つ一つ丁寧に作られており、当然値段は高くなってしまうのですが、値段相応のいいメガネが作られるそうです。ここまで何が違うのかを話してきましたがメガネは一つ一つ違い自分にあったメガネを探してください。